手編みのマフラーやセーターをアイロンで仕上げると見違えるほどきれいになる!

手編みのマフラーやセーターを編んでそのまま使ったり誰かにプレゼントしたりしていませんか?

手編みのものの編み目がそろわなくて残念な気持ちになったことはありませんか?

パーツが編みあがったときや仕上げにひと手間、スチームアイロンをかけると見違えるほどきれいに目がそろいます。

今回は、スチームアイロンのかけ方・仕上げ方についてお話していきたいと思います。


どうしてアイロンがけが必要なの?

手編みのものって仕上がりが野暮ったいと思うことはありませんか?

それは、手編みだと、編み地がうねったり歪んだりしてしまうからです。

どんなに上手な人でも、機械で編んだように完璧にきれいに編み目がそろう訳ではありません。

アイロンで、仕上げをするんです。

また、模様編みなどの編み地は編み目が縮んで、模様がはっきりしない場合やサイズが小さくなっている場合があります。

このうねりをとったり、編み地を正しく伸ばしたり、編み目を整えたりする効果がアイロンにはあります。

セーターはパーツごとにアイロンがけ、がおすすめ

セーターを編む場合は、前見ごろ・後見ごろ・袖と、それぞれ完成したときと、とじ・はぎが終わったときにスチームアイロンをかけることをおすすめします。

そうすることで仕上がりに大きく差が出ますし、仕上がりのサイズと少し違っても、アイロンをあてることで希望のサイズに直すことができます。


マフラーのアイロンをあてる準備

ゴム編みやガーター編みのマフラーの場合は、セーターなどほど細かくサイズを気にする

必要はないと思いますので幅が広くなったり狭くなったりなどしていなければ待ち針は

打たなくても大丈夫だと思います。

幅が均一じゃない場合は、下記のセーターの待ち針の打ち方を参照してください。

模様編みの場合はやはり、模様がはっきり出るように、待ち針を打ったほうがいいでしょう。

セーターのアイロンをあてる準備

編みあがったものをアイロン台に置きます。

仕上げたいサイズに合わせて待ち針を打ちます。

本などのレシピのサイズに合わせて待ち針を打ちましょう。

仕上げたいサイズよりも小さいときは伸ばし気味に、大きいときは少し縮めてサイズを合わせます。

始めは上下・左右に打ち、その間、またその間と待ち針を打ちます。

待ち針は細かく打つほどきれいに仕上がります。

なるべくたくさん打ちましょう。


準備ができたらスチームアイロンをかけます

たっぷりのスチームをまんべんなくあてていきます。

スチームアイロンは必ず少し浮かせてかけます。

絶対に編み地に押し付けたり、こすったりしないでください。

編み地に押し付けてかけてしまうと風合いがなくなって編み目が伸びて編み地がぺしゃんこになってせっかく編んだものが台無しになってしまうからです。

気をつけましょう。

アイロンをかけたら・・・

まんべんなくスチームをあてたら乾くまで待ちます。

編み地を動かさないで、そのままにしておきます。

乾いたら待ち針を外して終了です。

アイロンがけで注意すること

注意していただきたいのが、手編みだからといって、必ずしもアイロンがけをするべき、ということはありません。

素材によっては縮んだり焦げたりしてしまうものもあるので、注意が必要です。

毛100%のものは大丈夫ですが、アクリルなどはアイロンがけしない方がいいです。

毛糸に巻きつけてあるラベルにアイロンがけについての表示がありますので編んだものがアイロンOKかどうか参考にしてください。

アイロンがけについてまとめ

編みあがった作品にひと手間、アイロンをかけるだけで見違えるほど編み目がそろいます。

これ、意外と知らない方が多いんです。

マフラーなど、仕上がった作品が多少目がそろわなくても、がっかりしなくて大丈夫。

アイロンマジック、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280