〈ダイソー〉100均の4本棒針の編み方・使い方・使い心地と棒針キャップやいろいろな道具の使い方や棒針ケースについて

これから「編み物を始めよう!」と思っても、最初は何をそろえればいいか、わからないですよね。

棒針を買うにしても、4本棒針と玉つき2本の棒針、どちらを買っていいかわからないということもあると思います。

本のレシピがあれば、記載のものを用意すればいいんですが、自己流で小物などを棒針で編みたいという人もいるでしょう。

そういう場合に何を用意すればいいのか、またどこで買えばいいのか、用具の使い方や編み針が増えてきたときの収納について、ご紹介していきたいと思います。


棒針編みを始めるときに必要なもの

最低限必要な道具は棒針・毛糸・かぎ針・ハサミ・とじ針、あると便利なものは目数マーカー・段数マーカー・カウンターでしょうか。

棒針編みの作品を編む場合でも、目を落としたときなどに、かぎ針があるといいと思います。

とじ針は糸始末をするときに使います。

マーカーは安全ピンや毛糸の切れ端などでも代用可能です。

カウンターは段を数えるのに使いますが、100均でも買えますし、手芸用じゃなくても大丈夫です。

棒針の種類は、2本針・4本針・5本針・輪針と4種類あります。

4・5本針は長いものと短いものがあります。


数種類ある棒針はどうやって使い分けるの?

2本針はおもにマフラーやセーターなど平らなものを往復に編むときに使います。

2本針で平らに編んで後で綴じる方法もありますが基本的に帽子やハンドウォーマーなど、輪にして編む(輪編み)ものには4本針・5本針または輪針が必要です。

4本針と5本針の違いは、手袋や靴下など、小さい物を編む時には5本針の、15cmくらいの短いものが編みやすいです。帽子などは4本の長い物が適していると思います。

小さい物を編むとき、長い棒針でも編めないことはないですが、出来れば短針を使った方が断然、編みやすいです。

輪針は平編みにも、輪に編む時も使えます。

キャップを使って4本針を2本針として代用する方法

2本針を買うか4本針を買うか迷ったときはどうすればいいでしょう。

編み物の道具の一つに棒針用のキャップがあります。

編み物を中断した時に先端にくっつけておくものですが4本針のうちの2本を使って、片側にキャップをつけて目が外れないように代用するという方法もあります。

ただし、この使い方はセーターやショールなど大きい物を編む時にはキャップのところに

力がかかってしまい外れてしまうこともあるので向いていませんのでご注意ください。




棒針はどこで買うのがおすすめ?使い心地は?

4本の棒針をどこで買うのがいいでしょうか。

メーカーのものの方がいいという人もいると思います。

私もそう思っていたのですが、試しにダイソーのものを買って使ってみたら、針先の丸みもいい感じで、とてもスムーズに編めたので、びっくりしました。

これから編み棒をそろえる人はダイソーなど100均のものでも充分、役目は果たしてくれると思います。

でも、手袋や靴下を編む時に使う、長さ15㎝くらいの5本針短針は、100均にも売ってはいますが、サイズがあまり揃ってないですよね。

ネットでなら、たくさんのサイズが揃って1組108円で買えるお店があります。

楽天のギンガムさんというお店なのですが、私はここで0号~10号まで全種類揃えました。

国産で安心ですし、送料も定形外発送があるのでお安いです。

針先は尖り気味で、私は編みやすかったです。

竹製なので、金属の棒針のように、すべりはあまり良くありません。使い込んでいくうちに編みやすくなる、そんなものかもしれません。

メーカーのものは始めからすべりを考慮して、コーティングがされているものもあります。

でも、短針は100均にはあまり売ってないですし、全部そろえても1188円+送料ですから、小物を中心に編む人にとってはとてもいいと思います。

もし、折れたり、失くしたりしても、また買えばいっかという値段です。

4本針での編み方は、始めに1本または2本使って作り目を編みます。

出来た作り目を3本になるべく均等になるように振り分けて移動します。

(作り目が全部で60目だったら20目ずつにする)

4本目を使って作り目から出ている糸(糸だまから出ている方)を作り目の最初の1目に編み始めて輪につなぎます。

このとき、慣れていないとねじれてしまうことがあるので、何度も確認することをおすすめします。


棒針が増えてきた!ケースに入れてしまいたい!

いろいろな作品を作っていくうちに棒針が増えてきて、しまう場所に困ることもありますよね。

棒針をしまうケースはアマゾンで1300円くらいから売っていますが手縫いでもいいから自分で

縫ってみてはいかがでしょうか。

キルティングと中布、裏布、バイアステープがあれば簡単に作れますよ。

自分の持っている棒針に合わせて作れば既成にはないぴったりな、とても使いやすいものができます。

手作りの参考のためにアマゾンのリンクを張っておきます。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280