スポンサーリンク

独学でも大丈夫!洋裁初心者さんがつくれるワンピースやミシンの選び方~参考になる本について

『ミシンでワンピースつくれらたいいな』と思ったことありませんか?

今回は 初心者さん向けのミシンの選び方や簡単なワンピースの作り方などについて紹介します。


洋裁初心者さんのミシン選びに大切なこと

ミシンはどんなものを選べばいいでしょう。

ミシンにはフットコントローラーを踏んでスタートさせる電動ミシン・手元でスタートストップができる電子ミシン・刺繍など色々な縫い方ができるコンピューターミシンがあります。初心者さんには比較的安価でスピードコントロールがしやすい電子ミシンがおすすめです。

ミシンの耐久性はモーターの性能が関わってくるので購入するときの参考にしてください。

手芸店が開催するミシンフェアなどで詳しい説明を聞くのもいいですね。作りたいものや予算に合わせてミシンを選びましょう。

私は洋裁を始めた頃、1万円台の電動ミシンを購入しました。

そのミシンは数年使ううちに布送りができなくなり壊れてしまいました。子ども服を縫っている最中だったのでとても困りました。

今は3台目のミシンをかれこれ15年ほど使っています。数年前にプーリーのプラスチックが壊れてしまいましたが、ほかの機能は問題なくご機嫌に動いてくれています。

洋裁初心者さんには教科書的な本がおすすめ

書店には洋裁の基本が載っている『教科書的な本』が並んでいます。

それらで基本のテクニックを学んだら 実際になにか作ってみましょう。初心者さんには実物大パターンが付いている本がおすすめです。

本の中の綺麗な写真を見ていると『このワンピース、好きな色で作ってみたいな』と想像が膨らみませんか?

はじめは簡単なものから挑戦し、いつかオリジナルのリトルブラックドレスを作ってほしいと思います。


以下は私が参考にしている本です。

リネンの服 ウールの服 香田あおい

シンプルなブラウス・丈違いのチュニックなど。生地をかえればオールシーズンOK。

ソーイング・トーク 茅木真知子

 ワンピース・パンツ・コートなど。各頁のエッセイが参考になる。

 ※絶版ですがおすすめです。

クライ・ムキのリラックスウェア クライ・ムキ

ニット生地の部屋着やパジャマなど。

フォーマル&リトルブラックドレス 月居良子

 シーンに合わせた多彩なドレスたち。


洋裁初心者さんにおすすめのスクエアワンピース

洋裁を始めたばかりのあなた、ワンピースなんてまだ作れないと思っていませんか?

ここで紹介する衿ぐりと脇下を縫うだけのスクエアワンピースならきっと作れますよ。用意するのは生地とバイアステープ。リネンなどの扱いやすい中肉の生地がおすすめです。  

お好みの巾や着丈で作って下さいね。生地を体に当ててみると出来上がりの雰囲気がわかりますよ。

着分で売っているインド綿なら端処理をしなくていいのでより簡単に作れます。

☆作り方☆

①布の辺が長い方を半分に折り、輪の中央をカットしてバイアステープで衿ぐりをくるむ。

②腕を通す部分を残し、脇下~裾までを縫う。これで完成です。

夏にさらりと着られるワンピースができます。

独学でも大丈夫!洋裁初心者さんの学び方

小学校でミシンを学んでから しばらくミシンに触っていない人が多いですよね。

誰かに習わなくても、初心者向けの本や動画を参考にすれば独学で洋裁を楽しむことができます。

私は子どもの習い事の衣装作りから洋裁をスタートしました。独学なので慣れないうちは何度も失敗しながらつくっていました。それからレッスンバッグや子ども服をつくり さらに色々なものに挑戦して 今ではレース2枚重ねのワンピースをつくれるまでになりました。

独学でも大丈夫です。あなたのペースでレベルアップしていってください。

まとめ

いかがでしたか?ミシンを使う洋裁はハードルが高いかもしれません。

でもわからないことは本やネットで調べたり、動画を参考にすることで洋裁が身近なものになります。

洋裁初心者さんも、使いやすいミシンや道具を揃えて洋裁を始めてください。そしてミシンをゲットしたらクローゼットにしまいこまずにどんどん使ってくださいね。

『いいなと思うデザインを 自分の好きな生地で オリジナルにつくる』これが洋裁の楽しさだと思います。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280