ツイッター・インスタで人気の編み物作家さんについて詳しくご紹介!michiyoさん・三國万里子さん

編み物を始めて、何を編もうかといろいろな本を見たり、イベント等の情報を集めていると、だんだん好きな作家さんがでてくると思います。

好きな作家さんの本はいつの間にか本棚にたくさん集まっていたりして、気が付いたらファンだったなんてこともあるでしょう。

今回は、編み物をお仕事にしている作家さんをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
336×280




編み図が編みやすいと定評のあるmichiyoさん

私も大好きな作家さん、michiyoさんをご紹介します。

お会いしたことはありませんが、動画などで見ると、とても気さくなお姉さんで、楽しい方です。

今までの経緯について、こちらの動画で詳しく話されているのでよかったら見てみてください。michiyoさんのお人柄もわかると思います。

michiyoさんが出している本は、共著もたくさんありますが、単著の出版は20冊を超え、女性向けから、キッズ、ニット男子(編み物をする男性のこと)というメンズ向けも出版しています。

短く編んで「バッグ」

更に編みたして「ベスト」

更に袖をつけて「プルオーバー」

という風に『育てる』編み物がたくさん載っています。

今までにないコンセプトでこれもワクワク楽しいですね。

michiyoさんはツイッター・インスタでも人気です。

ツイッター https://twitter.com/mabooomichiyo?lang=ja

インスタ https://www.instagram.com/michiyo_amimono/

ブログ http://michiyo.mabooo.boo.jp/

やさしい雰囲気の作品が多い三國万里子さん

つづいて、こちらも大好きな、三國万里子さんをご紹介します。

新潟県出身。妹は料理家のなかしましほさんで、早稲田卒だそうです。

幼いころから編み物に触れていたようで、編み物は独学のようです。

編み物の本もたくさん出版されていますが、三國さん自身がふんわりやさしく、かわいい雰囲気の方なので、その作品もどれもかわいらしく、やはり、編みたくなるものが多いです。

三國さんも出版する本のタイトルにこだわっていて、

手袋・帽子・マフラー・セーター・カーディガンなどを販売していて、毛糸がオリジナルだったりして結構いいお値段なんですが、人気のものは毎年すぐ売り切れてしまいます。

今年も、もう売り切れている物がチラホラあります。

棒針編みの編み方には右手に糸をかけて編んでいくアメリカ式と、左手に糸をかけて編んでいくフランス式の2種類あるのですが、三國さんはアメリカ式です。

一般的にはフランス式の方がアメリカ式よりも早く編めると言われていますが、三國さんはアメリカ式でもかなり編むのが早いです。

キットも販売しているハリネズミのミトンを始めから完成まで編んでいるところを動画にしたものがあるので見てみるとよくわかります。

https://www.1101.com/amikai/

編み始めから完成までなので見ごたえがありますが、お時間のあるときに。三國さんのほんわかした雰囲気も見れますよ。

ツイッター https://twitter.com/marikomikuni?lang=ja

インスタは開設してないみたいですが、「♯三國万里子」でファンの皆さんが編んだ作品がたくさん見れます。これはこれで楽しいですよ。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする