スポンサーリンク

チャンキーニットとは?可愛いブランケットの編み方・毛糸の購入方法

チャンキーニットとは・・・

この冬注目の、超極太毛糸で編まれたローゲージの、おしゃれなざっくりとしたニットのことです。

チャンキーという言葉には「ずんぐりした」という意味があるそうです。

大きな編み目の一目一目がずんぐりしてる感じが出ていて、とてもかわいいですね。

ファッション界でもチャンキーマフラーやセーターなどもありますが、今回特におすすめしたいのは、インテリアのチャンキーニットです。

中でもブランケットは人気急上昇中です!

素敵ですよね!

こんなブランケットに包まって、眠りたい・・・

他にもラグやペットのベッド、クッションカバーなどお部屋に1つあるだけで、オシャレ度がかなりアップします!

今回は、このチャンキーニットブランケットについて、手作りしてみよう!ということで、材料の購入方法や作り方をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
336×280




チャンキーブランケットをDIYしよう!

チャンキーブランケットは既成品を買うと3~5万円と、結構なお値段します。(ウールでできたものの場合。アクリル100%は安いです。)

ちょっと手が出ないわ~という人や、自分で編んだら安上がりじゃない?という人には、チャンキーヤーンと言って、チャンキーニットを編むための超極太の毛糸も売っています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イタリアからお取り寄せしたマルチカラーのチャンキーヤーンが届きました!とっても色鮮やかです(*´-`*) しかし何度目にしても太い……笑 この毛糸はエクストラファインメリノに相当するので、驚くほどなめらかな肌触りです……///// 産まれたばかりの赤ちゃんにだってばっちり使えますよー! . #ハンドメイド #ハンドメイド好きさんと繋がりたい #ハンドメイド雑貨 #ハンドメイド販売 #チャンキーニット #チャンキーニットブランケット #アームニッティング #チャンキーヤーン #チャンキーヤーンブランケット #chunkyknit #chunkyyarn #chunkyblanket #chunkyknitblanket #chunkycrochet #chunkyknits #superchunkyyarn #chunkymerinowool #海外インテリア #インテリア #北欧インテリア #インテリア雑貨 #北欧雑貨

陽 -HARU-さん(@hidamarikeito)がシェアした投稿 –

編み物をやったことがない人でも簡単に編めるので、毛糸を手に入れて自分で手作りしてみてはいかがでしょうか。

とは言っても、材料の毛糸を扱っているお店は、そう多くはありませんので、今買えるお店をご紹介していきますね。

チャンキーニット用の毛糸の購入方法

日本ではあまり買えるお店がないので、海外から個人輸入して購入する人もいるようですが、今回は楽天でチャンキーヤーンの扱いのあるお店に絞って、ご紹介したいと思います。

まず1店舗目。ほどよい太さで、

1玉約500g
糸幅:約4cm
※1玉で約60cm×80cmのブランケットが編めます

とありますので、結構なボリュームがあるのではないかと思います。

大きなブランケットを編みたい場合は、3~4玉は必要になるでしょう。

ただ、素材が「アクリル混」としか書いてないので、よくわかりませんが、商品名に「メリノウール」とあるので、アクリルと混紡なのかなとおもいます。

価格:3980円(税込)  送料無料
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 

 
 
 
もう1軒、先ほどのお店の毛糸よりも、もうちょっと細くなりますが、ウール100%のチャンキーヤーンが買えるお店があります。それがこちら。
 
 
少し細めのチャンキーヤーンなので、編みあがるまでに少し時間がかかってしまうとは思いますが、素材がいいのでとても温かいブランケットが出来あがるのではないでしょうか。
 
商品ページには直径60㎝のラグマットの作り方が載っています。
 
価格:4298円(税込)
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 
そしてあと1軒、こちらが一番のおすすめです。ナスカのあむあーむという毛糸です。
 
商品ページに
アクリル・ナイロン・ウールを混紡することで、よりふわふわで心地よい肌触りに♪
とありますので、肌ざわりのいいチャンキーブランケットができるのではないでしょうか。
 
 
 
ちなみに素材はこちら:アクリル50%、ナイロン35%、ウール15%
 
一番にお勧めする理由は、ウール100%ではないですが、逆にお手入れがラクだと思われるからです。
 
こちらは、あまり糸量がないみたいですが、価格も高くなく、ラベルの裏に1玉で編めるスヌードの編み図が印刷されているそうなので、チャンキーヤーンがどんなものなのか、お試ししてみたい人には1玉だけ買ってみるのもいいかもしれません。
 
送料も2玉からは無料のようです。お得ですね。
 
価格:1944円(税込)  送料250円
 
 

 
 

チャンキーブランケットの作り方

作り方は、3パターンあります。(他にもあるかもしれませんが、わかる範囲でご説明します)

とにかく毛糸が太いので編むのも大掛かりになってしまいますが・・・

1.25mmほどの、太い編み棒を使う

2.自分の腕を使って編む

3.テーブルなどに置いて手先を使って編む

1番目は25mmの太い編み棒はあまり売ってないですが、編み物が得意な人はぜひ用意して編んでみてはいかがでしょう。普段使用している編み棒とは大分勝手が違ってくるかなとは思いますが、編み目が一番そろうのはこの方法ではないでしょうか。

2番目はアームニッティングです。道具が必要ない手軽さはいいのですが、一度始めると、完成まで編み続けなければいけません。トイレにも行けないし、宅急便などが来ても対応できません。これはちょっと不便ですね。

おすすめは3番目です。好きなときに止められるので、毎日一玉ずつ編んで、数日かけて完成させる人もいるようです。

編み方は、こちらの動画がわかりやすいですよ。

丁寧に、作り始めから完成まで(作り目や糸始末も説明されてます)、一通り撮影してくれているので、これを見れば誰でも作れると思います。

ぜひトライしてみましょう!

 


ダイソーのビッグロービングでもチャンキーニットが編める!

ダイソーに売っている、ビッグロービングという毛糸でチャンキーブランケットを編んでいる人もいます。

チャンキーヤーンよりは大分細いですが、これはこれでかわいいものができそうですね。

まとめ

チャンキーニットについて、何のことなのか、どんなものがあるのか、編んでみるのもおすすめ、などと言ってきましたが、いかがだったでしょうか。

みなさんも、ぜひインテリアに1つ加えてみてくださいね。