スポンサーリンク

キットを使っておしゃれな園バッグ・レッスンバッグを作りましょう

お子さんの入園・入学や習い事を始めるときに必要なのがバッグですよね。

私は2人の子どもが入園・入学するときバッグを作りました。

どんな布で作ろうかな、名前はどうやって付けようかなと試行錯誤しながら、犬やうさぎのアップリケを作って付けたり 名前を刺繍したり、、、。

まだ手作りに慣れていなかったので時間がかかりましたが、思い出に残るバッグ達になりました。

今回は私の経験を踏まえておしゃれで簡単な園バッグ・レッスンバッグの作り方を紹介します。


園バッグ・レッスンバッグをキットを使って作ってみよう

お手軽にバッグを作れるキットがあるのを知っていますか?

布を買いに行っても 何を買えばいいの?布は何cmいるんだっけ?そもそもどうやって作る??こんな風では取りかかるのがおっくうになりますよね。

必要な材料が用意されているキットならデザインを選んで作るだけ!

レシピも入っていて初心者さんには嬉しいですね。

キットには布がカットされているものやシューズ袋の材料がセットになっているものもあります。

男の子用・女の子用、デザインや価格もいろいろあって選ぶのが楽しくなりそう。

キットを使って手軽に手作りに挑戦してみませんか?

園バッグ・レッスンバッグをおしゃれに作ろう

園バッグ・レッスンバッグのデザインはさまざま。

布を切り替えたり、ポケットを付けたり、持ち手や裏布を個性的な色にしてみたり。

北欧柄の布を使えばほっこりした印象になりますね。

自分の習い事のレッスンバッグも作ってしまいましょう。

習い事の持ち物に合わせたサイズ、こまごましたものを入れるポケット。

手作りのバッグを持っていけば習い事がもっと楽しくなりますよ。

お友達のバッグとは一味違う、おしゃれなバッグにしませんか?


園バッグ・レッスンバッグにマチは必要?

バッグにはマチがあるものとないものがあります。

園によってはバッグのサイズが指定されていることがあるので注意しましょう。

マチのないバッグはスマートに持てるので小さい子どもでも扱いやすいです。

マチのあるバッグはお道具箱など厚みのある物をスムーズに出し入れできます。

手作りする場合 マチのないバッグの方が簡単にできますが、作り方次第でマチのあるバッグも難しくありません。マチのあるバッグにフタを付ければ中身が飛び出さない工夫になります。

お子さんの持ち物を考えてみて、使いやすいバッグを用意してくださいね。

園バッグ・レッスンバッグの簡単な作り方

園バッグ・レッスンバッグの作り方は色々ありますが、今回は簡単にできる方法を紹介します。

作り始める前に、布・持ち手用アクリルテープ(3cm幅がおすすめです)・ミシン・糸・待ち針などの裁縫セットを用意します。

☆簡単にできる底がつづいているタイプの作り方☆

①キルティングなどのしっかりした布を下記のように準備する。

 例:できあがりサイズがタテ30cm ヨコ40cmの場合

   タテ(30cm×2)+折り込み部分6cm=66cm

   ヨコ40cm+縫い代2cm=42cm

②布の端がほつれないようにジグザグ縫いかロックミシンをかける。

 ジグザグ縫いの場合、縫い始めと縫い終わりに直線縫いで3~4針の返し縫いをするときれい  に縫えます。

③布をタテに半分折り、バッグのヨコを縫い代1cmで縫い合わせる。

 このとき 底の部分(布の輪)からバッグの上部に向かって縫うと形が崩れにくいです。

④持ち手用アクリルテープを36cmにカットし、持ち手が下向きになるようにアクリルテープ  を置いて布の表・上部に縫い付ける。

⑤バッグ上部を1cm折り込んだ後 さらに2cm折り込んで縫う。

 アクリルテープ部分は厚みがあって縫いにくいので、ミシンをゆっくりすすめるのがポイン   ト。

これで完成です。簡単にできそうですね。

ほかには 布を切り替える、裏布を付ける、マチを作る、薄めの布に接着芯を付けて丈夫にする、持ち手を布で作るなどの方法があります。

無料のレシピがあるので探してみましょう。


園バッグ・レッスンバッグの名前付け

入園・入学のとき、持ち物に名前を付けるのって結構大変ですよね。

ひと目でわかるように名前を付けたいところですが、防犯上 バッグの名前は見えにくい所に付けるのが主流ではないでしょうか。

バッグを作る時に名前のスペースを作っておくのがおすすめです。バッグの内側にタグを付けておくといいでしょう。

ワッペンやテープを使ってもいいし、手書きや刺繍でも素敵ですね。

 

いかがでしたか?

園バッグ・レッスンバッグを用意するにはオーダーや市販の物を買う方法もありますが、自分に合った方法で手作りして世界に一つだけのバッグを用意しましょう。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280