スポンサーリンク

アクセサリー作りのおすすめ道具と収納方法・100均の道具やセット物について!

アクセサリーを作るときは使いやすい道具を揃えて快適に始めたいですよね。

今からアクセサリー作りを始める人に 揃えておきたい道具やあると便利なグッズについて、道具の収納方法もあわせて紹介します。

まずこれを揃えよう!おすすめのアクセサリー作りの道具

アクセサリー作りにはどんな道具が必要でしょうか。

例えばパールのピアスを作るとしましょう。

パールに通すピンを切ったり曲げたり ピアスの金具にくっつけたりしますよね。

アクセサリー作りはこの『切る』『曲げる』『くっつける』の3工程が基本です。

この工程に必要なのがヤットコ2種類(平ヤットコ・丸ヤットコ)とニッパーです。この3ヶは一見同じもののように見えます。

平ヤットコは先端が平たくなっていて丸カンの開閉やピンを曲げる、つぶし玉をつぶすといった工程で使う道具です。両手に持って作業することが多いので2本準備するといいでしょう。

丸ヤットコは先端が丸くなっていて ピンを丸めるときに使います。

ニッパーはピンやワイヤー・チェーンを切る道具です。

家の工具箱に似たような道具がありそうですが、大きかったり重くて使いにくかったりするのでアクセサリー作りには専用の道具を用意しましょう。


100均にもあった!アクセサリー作りの道具

ヤットコやニッパーなどのアクセサリーを作る道具は100均でも購入できます。

ただ 初心者にはいいかもしれませんが、使っているうちに錆びてきたり持ち手のゴムが取れてしまったりと強度や耐久性がよいとは言えないので、長く使うなら手芸店で購入できる道具を揃えるか通信販売で口コミを参考に購入するのをおすすめします。

ビーズトレーや細々した材料を入れておくケースは100均ショップのものを使ってもいいでしょう。

シードビーズなど小さいものを入れるケースは蓋がしっかり閉まるものを選んでくださいね。

アクセサリー作りの道具をあなたはどう収納していますか?

ヤットコなどの工具類は使う頻度と収納場所に合わせて、ペンスタンドに立てておいたり ぴったりサイズのペンケースに入れておくなどの収納方法がいいでしょう。セットになった道具を購入した場合は専用のケースに収納できますね。

一緒に使う道具やアクセサリー素材をまとめて収納しておくと アクセサリー作りの準備がスムーズにできます。

私は普段 工具類を布製の差し込むタイプの入れ物に収納し、持ち運ぶときは必要な工具と素材などををジッパーバッグに入れています。最後の項にこのほかのアイデアを載せていますよ!

アクセサリー作りの道具をセットで揃えるといいの?

アクセサリー作りの道具は数種類がセットになっているものもあります。

『初心者さんもすぐに始められます』と謳われているものもありますね。

セットの内容や価格もさまざまなので、どんなアクセサリーを作るのかに合わせて選ぶといいでしょう。


まとめ

アクセサリー作りに必要な道具以外に あると便利なグッズを紹介します。 

接着剤:パーツを台座につける・テグスや紐の結び目処理などに使用。用途に合ったものを選ぶこと。

ビーズトレー:ビーズやパールを種類ごとに入れて使用。三角形のものは後片付けに便利。

ビーズボート・ビーズマット:パーツが転がったりなくなることを防ぐ。

ピンセット:ビーズの仕分けやつまみ細工に使用。

極細目打ち:パールのバリ取りなど。

指カン:丸カンの開閉。 

ビーズ針:ビーズにテグスを通すのに使用。

ナイロンジョープライヤー:ワイヤーの巻きぐせを直す。

ビーズ・パール・チャーム・布と使う素材によって必要な道具が違うので、あなたの作りたいアクセサリーに合わせた道具を揃えてください。

ここで私がアクセサリーを作るときのアイデアを少しだけ。

100均ショップのファイルケースにビーズマットをひいてその上で作業し、中断するときは作りかけのパーツ・工具やレシピを入れたまま保管します。持ち運びもできるのでいいですよ。

ピンやワイヤーをカットするときは専用の瓶の中にカットした破片を入れています。ニッパーでカットするときに破片が飛ばないように手で覆うなどしましょう。

自分が使いやすい道具を揃えてアクセサリー作りを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280