〈ダイソー〉100均の4本棒針の編み方・使い方・使い心地と棒針キャップの使い方やケースについて

編み物を始めるとき、何をそろえればいいか最初はわからないですよね。

本のレシピがあれば、記載のものを用意すればいいんですが、自己流で小物などを

棒針で編みたいという人もいるでしょう。

初めて編み物する場合はセーターはおすすめできません。編む面積が広く根気がいりますし

とじ・はぎなど難易度が高すぎるので最初は小物からスタートしましょう。

棒針編みを始めるときに必要なもの

最低限必要な道具は棒針・毛糸・かぎ針・ハサミあると便利なものは目数マーカー・段数マーカー・カウンターでしょうか。

マーカーは安全ピンや毛糸のはしきれなどでも代用可能です。

カウンターは100均でも買えます。

手芸用じゃなくても大丈夫です。

棒針の種類は、2本針・4本針・5本針・輪針と4種類あります。

4・5本針は長い物と短い物があります。

数種類ある棒針はどうやって使い分けるの?

2本針はおもにマフラーやセーターなど平らなものを往復に編むときに使います。

2本針で平らに編んで後で綴じる方法もありますが基本的に帽子やハンドウォーマーなど、

輪にして編むものには4本針・5本針または輪針が必要です。

4本針と5本針の違いは、小さい物を編む時には5本針の方が編みやすいというだけ

なので4本でも十分間に合います。

小さい物を編むときは短針を使います。

輪針は平編みも輪に編む時も使えます。

小さい物もマジックループという手法で編めますが

ある程度編めるようになってからでないと目がゆるんだりして扱いにくいと思いますので

始めのうちは4・5本針で編んだ方がいいでしょう。

キャップを使って4本針を2本針として代用する方法

2本針を買うか4本針を買うか迷ったときはどうすればいいでしょう。

編み物の道具の一つに棒針用のキャップがあります。

編み物を中断した時に先端にくっつけておくものですが4本針のうちの2本を使って、片側にキャップをつけて目が外れないように代用するという方法もあります。

ただし、この使い方はセーターやショールなど大きい物を編む時にはキャップのところに

力がかかってしまい外れてしまうこともあるので向いていませんのでご注意ください。




棒針はどこで買うのがおすすめ?使い心地は?

4本の棒針をどこで買うのがいいでしょうか。

メーカーのものの方がいいという人もいると思います。

私もそう思っていたのですが、試しにダイソーのものを買って使ってみたら、とても編みやすくてびっくりしました。

これから編み棒をそろえる人はダイソーなど100均のもので充分だと思います。

10組そろえても1080円!お得ですよね。

手袋や靴下を編む時に使う5本針短針が1組108円で買えるお店があります。

楽天のギンガムさんというお店なのですが、私はここで0号~10号まで全種類揃えました。

国産で安心ですし、送料も定形外発送があるのでお安いです。

短針は100均に売ってないですし、全部そろえても1080円+送料ですから、小物を中心に

編む人にとってはとてもいいと思います。

4本針を使って編む時はどうするの?

4本針での編み方は、始めに1本または2本使って作り目を編みます。

出来た作り目を3本になるべく均等になるように振り分けて移動します。

(作り目が全部で60目だったら20目ずつにする)

4本目を使って作り目から出ている糸(糸だまから出ている方)を作り目の最初の1目に編み始めて輪につなぎます。

棒針が増えてきた!ケースに入れてしまいたい!

いろいろな作品を作っていくうちに棒針が増えてきてしまう場所に困ることもありますよね。

棒針をしまうケースはアマゾンで1300円くらいから売っていますが手縫いでもいいから自分で

縫ってみてはいかがでしょうか。

キルティングと中布、裏布、バイアステープがあれば簡単に作れますよ。

自分の持っている棒針に合わせて作れば既成にはないぴったりなものができます。

手作りの参考のためにアマゾンのリンクを張っておきます。

4本棒針についてまとめ

棒針は100均のもので充分。

でも、本格的に編み物を趣味にしていこうと思うのなら、メーカーのものをセットで買うのも

いいかもしれません。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280