編み物する時、ゲージはとってる?ゲージの取り方&合わせ方をご紹介!

編み物をはじめよう!と本やネットなどで編む作品を決めて、そのまま編み始めていませんか?

小物などは多少大きくなったり小さくなったりしてもいいですが、ウエアを編む場合、始めにゲージをとるという作業が必要になってきます。

この作業をしないと、セーターやカーディガンなどの完成が大きすぎたり小さすぎたりして

残念なものになってしまうかもしれませんよ!

編み物する時のゲージとは

編み物をするとき、何か作品を決めて編む前にその作品を編む毛糸で試しに20センチ角くらい

編んでみて、その中の10センチ角の中に何目何段あるか数えるのですが、この試し編みの編み地のことをゲージといいます。

レシピの指定の毛糸で編む場合でもゲージをとる作業は必要ですが自分で毛糸を選んで作品を編む場合はゲージが合わないことが多くなりますので特に必要になってきます。

ゲージをとらないとどんなサイズに出来あがるかがわからないので面倒と思うかもしれませんがウエアを編む場合には必ずとることを強くお勧めします。

何のためにゲージをとるの?

毛糸に巻きつけてある紙のことをラベルといいます。

ラベルには毛糸の重さ・長さ・洗濯方法など、毛糸に関する情報が書いてあります。

そして、ほとんどの毛糸のラベルには何号の針が適しているのか載っていて、その針で編んだゲージが何目・何段というふうに記載があります。

このゲージに自分の編んだゲージがほぼ同じならばそのまま、同じ棒針で編めば、だいたいレシピ通りのサイズに仕上がります。

この、サイズを合わせるというのがゲージをとる目的です。

始めのうちはなかなか編み目が安定しないもの。

何度もやり直す場合は、その都度新しい毛糸で編むようにしましょう。

スチームアイロンをあてて、再生してから使用するというやり方でも大丈夫です。

一度編んで解いたものは、毛糸がやせてしまって正しいゲージが出ないこともありますので

使わないようにしましょう。

ゲージは必要なもの

編む人の目の大きさや糸の張り具合でゲージは大きくなったり小さくなったりします。

ですから、ゲージをとらないで編むと仕上がりに大きく影響します。

ゲージを編むと、決めた作品に必要な糸の量や仕上がりの感じがわかります。

せっかく、手間をかけて編むんですからサイズを合わせて編んだ方がいいですよね。

ゲージの取り方

まずはレシピに載っている針の号数で編んでみましょう。

ゲージをとる時の作り目の数は毛糸のラベルや本のレシピに表示されているゲージの目数の大体1.5倍位です。ゲージの目数が20目だったら35目くらいですね。

このとき注意したいのが、小さめに編んで10センチ角のゲージを5センチで割り出して編むことはしない方がいいです。

試し編みはある程度編まないと編み地が安定しないからです。

ゲージは大きいほどいいと言えます。

面倒がらずに20cm角くらいは編みましょう。

ゲージを整えます

20cm角くらいのゲージが編めたら、次はスチームアイロンをかけます。

少し浮かせて裏側からまんべんなくスチームをあててください。

このとき、絶対に編み地に直接アイロンが触れないように少し浮かせてかけます。

どうしてかというと編み地が伸びてしまって、正しいゲージが測れなくなってしまうからです。

スチームアイロンをかけたら、1日放置します。

いよいよゲージを数えましょう

編んだゲージの真ん中ぐらいのところで測ります。

定規を当てて横10㎝の中に何目縦10センチの中に何段あるか数えます。

数えた最後の目が一目の真ん中ぐらいになった時は20.5目というふうに数えて大丈夫です。




ゲージの合わせ方

では、ゲージが毛糸のラベルや本のレシピものと違ってしまった場合、どうすればいいでしょう。

それはとても簡単です。

指定のゲージよりも自分で編んだゲージの目数・段数が多いときはきつく編めてしまっているので針の号数を大きくします。

逆に目数・段数が少ない時はゆるく編めてしまっているので針の号数を小さくします。

このとき、変更する針のサイズは1~2号くらいまでがいいと思います。

それ以上は針と毛糸が合っていないことが多いです。

その場合は毛糸を違うものにしてゲージをとりなおしてみてください。

ゲージをとってサイズ変更をする

ゲージは必ずしもぴったり合わせることがいいとは限りません。

ゲージより大きく完成させたい場合はゆるいゲージのままで大丈夫です。

逆に小さく仕上げたい場合はきついゲージでいいということになります。

サイズを変更するには、例えば、横幅56㎝の作品を横幅60㎝にしたい場合、ゲージの目数が20目だとすると、20×6=120目必要ということになります。

当然ですが、段数も増えます。

また、指定どおりにゲージが出た場合も、もって大きく仕上げたい場合は針を太く、小さく仕上げたい場合は針を細く変更すれば、サイズが変えられます。

針を変える場合も、ゲージのとり直しが必要になってきます。

針を1号変えると寸法は約5%変わります。

これは覚えておくと便利だと思います。

自分でサイズ調整できるというのも手編みのいいところですね。

それでもゲージが合わない

針の大きさだけでは対応できない場合もあります。

目数が合っているのに、段数が合わないということもあるのです。

また逆に、段数が合っているのに目数が合わないこともあるでしょう。

そんなときの対処法をお教えします。

まず、目数だけ合っているときはそのまま編みます。

段数はレシピのサイズになるように編めば大丈夫です。

長さ50㎝なら何段かではなくサイズを測って合わせます。

次に段数だけ合っているとき。

この場合は目数が合うように針のサイズを変更して、ゲージをとりなおしてみて、段数も違ってくる場合は先ほどと同じように長さで調節します。

このように、ゲージが合わないときはサイズで合わせたりしますが、あまりにゲージがかけ離れている場合は、いさぎよく、思い切って別の作品を編むというのも、楽しく編み物を続ける秘訣ではないかと思います。

ちょっとしたコツ

編み目がきつすぎたり、ゆるすぎたりどうしてもちょうどよく編めない!という場合は、次のことを試してみるといいかもしれません。

きついとき・・・棒針の先端のみを使って編んでいるときつくなりがちです。

針先から2㎝くらいのところを使って編むつもりで編んでみてください。

ゆるいとき・・・糸の張り加減がゆるいかもしれません。

左手の小指に掛ける糸を2巻きくらい巻きつけて編んでみてください。

ゲージはほどかない

ゲージが合って、本番を編み始めても毛糸がもったいないと思うかもしれませんがゲージはほどいて使ったりしません。

本番を編んでいる途中でも手加減がゆるくなったりきつくなったりしてしまうことがありますので時々ゲージで確認しながら編みます。

次々作品を編んでいってゲージがたくさんたまってきたら、つなぎ合わせてひざ掛けやブランケットなどを作るのもいいですよ。

いろんな柄・色・模様のパッチワークができます。

編んでいる途中で幅の寸法を測りながら編むというのもサイズが大きく違ってしまわないためにおすすめです。

ときどき、確認しましょう。

ゲージについてまとめ

作品を編み始める前の試し編みは慣れるまで面倒と思ってしまうかもしれませんが、やっておいて損はありません。

この工程で仕上がりに大きく差が出るのですから。

編み物に習熟した人ほど、欠かさずやっていることです。

失敗しないために、ぜひ、ゲージをとってください。

ゲージを合わせて、いざ、心おきなく作品をみましょう!

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280